FC2ブログ
topimage

2018-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめに - 2014.08.20 Wed

10数年程前から都市部・都市近郊部を中心に「スーパー銭湯」がたくさん建設されてきました。
週末になるとたくさんの家族連れが訪れ、洗い場で体を洗うのも待たないといけないほど混雑しているスーパー銭湯を利用したことのある方も多いかもしれません。
かたや、昔ながらの銭湯は毎年減少の一途をたどり、一見して繁盛している店舗はほとんど見かけることのない状況です。
これを読んでいる多くの方の中で銭湯を利用したことのある方はほとんどいないのではないでしょうか。

では、スーパー銭湯は「儲かり」、銭湯は「儲からない」のでしょうか?
実はそうとは言えません。

スーパー銭湯も銭湯も、健康ランドも日帰り温泉もみんな「公衆浴場業」という同じ業種です。
もっと簡単に言えば、どの施設も「風呂に浸かる」「体を洗う」「サウナで汗をかく」など提供するサービスは同じ商売なのです。
このサービスに何を付加するのか、どうアピールするのか、どのような顧客をターゲットとするのか、という事業戦略が異なるだけに過ぎません。
その戦略のひとつとしてスーパー銭湯という形態があるのであり、これまでは時代背景、社会環境、マーケットなどからスーパー銭湯という事業が成功を収めてきた確率が高かったのです。

従って、いつどんな時も、どんな場所でも、絶対的普遍的にスーパー銭湯なら成功を収めるということではありません
環境、戦略によってはスーパー銭湯よりも銭湯の方が成功を勝ち取ることができるケースも多くあります。
また、銭湯やスーパー銭湯など現存する事業モデルではなく、新しい形の温浴事業ならば、さらに成功を勝ち得る可能性もあります

このブログでは、これまで数十件もの温浴施設を世に送り出してきた温浴事業の専門家が、どのように温浴事業を生み出していくのか実在の物件をドキュメンタリーでお送りします
登場する物件の開業予定は来年の年末です。
はたして、どんな温浴施設が実現されるのか、こうご期待ください。

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kkk5884.blog119.fc2.com/tb.php/1-6d44eac4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ファーストコンタクト «  | BLOG TOP | 

プロフィール

小林経営企画事務所

Author:小林経営企画事務所
銭湯・スーパー銭湯・温泉施設・健康ランドなど温浴施設のコンサルティングをしております。
温浴事業はどのようにして実現すべきなのか、そして温浴事業に参入するに当ってどのようなことを知り、判断していかねばならないのか?
20年に渡り、数十件にも及ぶ温浴施設を世に送り出してきた温浴専門コンサルタントがノウハウの全てを明かします!!

FC2ブログランキング

お立ち寄りの際にはクリックを

FC2Blog Ranking

カテゴリ

未分類 (7)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。